幸せな結婚を目指すための考え方

結婚はお互いに幸せになろうとするために行う共同作業になります。
自分が幸せになるために今の段階で最善のs全宅をすることで、独身でいるよりも、より幸せを得やすくするためのステップアップ乃手段です。
幸せと漠然と考えてみても、人それぞれどうなった時に幸せなのかが違います。
貧しい体験がある場合は、経済的な裕福さが幸せであるでしょうし、愛情があまり体験できない人の場合は、愛情豊かな相手を選ぶでしょう。
兄弟姉妹が少なくて寂しい体験をした人は、それを補いたいと感じます。
それぞれの考え方がすべての人で違っているので、まずは、漠然とした幸福感を得たいということではなく、幸福になるためには何が必要なのかを自分で具体的に分析をしておく必要があります。
そしてさらに重要なのが、相手が考えている幸福感です。
それがあまりにもカップルで違っていると、どうしても夫婦間で歪みやひずみが起きます。
お互いに我慢をする度合いが大きくなるので幸せになれない確率が高くなります。